全身脱毛 電気シェーバー

全身脱毛は電気シェーバーを使って自宅でもできるのか?

ムダ毛の処理の際に多く使用されるのはカミソリと電気シェーバーとなっています。
カミソリのメリットとしては安価で購入でき手軽で簡単にムダ毛処理ができることです。
肌へのダメージが大きいことからシェービングジェルやクリームの使用が必須ではありますが太い毛や細い毛まで処理することができます。
カミソリには2枚刃や3枚刃のものもありガード付きで肌を痛めにくい物もありますが肌の角質も一緒のに削り取る除毛方法であるため肌の乾燥や黒ずみ色素沈着を引き起こす処理方法です。
電気シェーバーはカミソリよりも購入費用は高くなりますが、時間と場所を問わずムダ毛処理をすることができます。
カミソリ同様太い毛や細い毛の処理も可能な上、メイクの上からでも顔のムダ毛処理が可能です。
深剃りが出来ない分、肌へのダメージが少ない処理方法となっています。
ムダ毛の自己処理として重要となる脱毛範囲は、ワキ・腕・脚の3つですが電気シェーバーでの自己処理においてこの3つの脱毛範囲は自分でも十分に処理することは可能です。
脱毛サロンやクリニックの脱毛範囲としてあげられるのは主にワキ・腕・脚・背中・お腹・胸・お尻・腰・足の甲、指・手の甲、指・両ヒジ・両ヒザとなっています。
サロンやクリニックごとに脱毛範囲は様々となっていますが、メインとなる脱毛箇所はこの12箇所です。
電気シェーバーには電池式と充電式のものがあり、コード充電タイプと据え置き充電タイプがあります。
ムダ毛の処理を効率よく行う為にはムダ毛を柔らかくしておく必要がありお風呂で使えるように水洗いができるシェーバーもあるのですが、水洗いできないシェーバーの場合は熱いお湯で絞ったタオルや蒸しタオルなどでムダ毛を柔らかくしてからシェーバーを使うことが効果的です。
据え置きタイプの充電時間は2時間〜8時間と長めとなっていますが、1日1回使用するような方には据え置きタイプの方が気軽に使用することができます。
コード充電タイプは据え置きより充電時間が短くコードを付けたままでの使用も可能です。
ムダ毛処理の頻度が少ない方や使わない時期がある方、緊急に使いたい時だけ使用する方にはコードタイプの方が向いています。
全身脱毛を電気シェーバーで行うことは、完璧を求めない方でしたら可能です。
カミソリのように深剃りできない分肌へのダメージは少ないですがすぐにムダ毛は伸びてきます。
背中であったりお尻の部分であったり自分自身で確認しづらい箇所のムダ毛処理を行うのは難しくなりますが敏感肌や乾燥肌で肌への負担を減らしたい方であったり妊娠中や授乳中でサロンやクリニックでの施術ができない方や肌質によりレーザー施術を行えない方には肌へのダメージが比較的に少ない電気シェーバーでのムダ毛処理が有効です。